作業員

液状化対策をしっかりして安心な生活を送ろう

地面の強さを測る試験

作業員

防災対策のために

所有している土地に建物を作るときには、地震などの防災対策をきちんとおこなわなければいけません。そのような対策を行う場合、建物を災害に強い構造にすることはもちろんですが、基礎となる地面もしっかりと補強しなければ安全とはいえないでしょう。地面に建築物を建てても大丈夫なのかの確認は、平板載荷試験という方法を用いて測ることができます。この平板載荷試験は地面に強い荷重をかけておこないますので、特別が器具が必要となっています。そのため、平板載荷試験を実地して欲しいと考えているなら、専門の業者に頼むようにしましょう。専門の業者に頼めば、地面の強度がハッキリと分かりますので、建築の次の段階に進むことができます。

色々な地質調査方法

平板載荷試験以外にもスウェーデン式サウンディング試験やボーリングの地質調査といったものが存在します。平板載荷試験がおこなえるのならば、それに決定しても良いのですが、一応は他の方法も知っておいたほうが良いでしょう。平板載荷試験をおこなっている業者ならば、他の地質調査も可能な場合が多いため、まずは相談してみることをオススメします。これらの地質調査はメリットやデメリットが違いますので、説明を読んでみても理解のできない場合は業者の方にきちんを説明を聞いた上で決断しましょう。詳しく知ろうとすると、難しい計算式などが必要になりますが、それらを理解できなくても納得できる説明をしてくれる業者なら安心して地質調査を任せられます。