作業員

液状化対策をしっかりして安心な生活を送ろう

安全のために調査を行う

工事

事前調査が必要

新築の家を建てる時に行なっておいた方が良いものが地盤調査です。地盤調査では、言葉の通りその土地の地盤の状態を調べるものです。以前の日本では地盤が硬く良い状態の土地を選んで新築の家を建てることは可能でしたが、人が多く集まる場所では土地不足となり地盤があまり良くない場所でも開発され販売されるようになりました。そのような地盤の場所に新築の家を建てて家の重みで沈下してしまったり、地震や大雨ですぐに崩れたりしてしまうことも考えられます。地盤調査をすることで地盤の状態を把握し、地盤改良工事が必要なのかどうかや基礎をどこまで深く行えばよいのかを判断することができます。地盤調査をすることで、費用はプラスでかかってしまいますが、後のことを考えるととても大切な調査になります。

安全のために

新築の家を建てる時に地盤調査はとても大切な調査ですが、費用がプラスでかかってしまうため行わない方も多くいます。行うのか行わないのかは自由に決めることはできますが、安心して生活をしていくために、そして後になってから後悔しないためには行なっておいた方が良い調査です。地盤調査を行うのは、施工会社です。この調査の結果によってはどのような工事が必要になるのかが変わってくるのでしっかりとした実績のある会社にお願いするのがおすすめです。地盤調査の後は結果によっては地盤改良工事が必要になります。購入した土地が分譲地の場合は他の場所と変えてもらうことも可能になる場合があるので、分譲地の場合は地盤改良工事の前に申し出てみるのも一つの方法です。