作業者

液状化対策をしっかりして安心な生活を送ろう

地盤からの地震対策

工事現場

液状化とは、地震の際の振動によって地盤が液体になる現象をいいますが、どういったメカニズムで起こるのか説明できる人はそう多くはないでしょう。一体どのような仕組みでこのようなことが起こるのでしょうか。そもそもこのような現象が知られるようになった発端は1964年の新潟地震でした。その際、砂の泥水が噴き出る噴砂の発生や建物が傾くなどの被害が出たことで液状化対策の必要性が出てきました。この現象の仕組みは、普段は砂の粒子によって支えられている地盤が地震の振動で砂同士の結合が弱くなり、砂が地下水に浮いたような状態になるという流れで構成されています。そうなると水よりも重い砂や石は沈み、泥水が噴き出るような状態になります。このような現象が起こりやすいのが海岸や河口、埋め立て地などの地下水の多いところです。また、地下水位が地表に近いところほど液状化しやすくなります。

埋め立て地や扇状地など宅地開発の拠点が増えつつある現代では液状化対策は避けては通れないでしょう。また、木造住宅は基礎が浅いために液状化の影響を受けやすく注意が必要です。ではどのような対策方法があるのでしょうか。まず、比較的安価にできるのが地盤を締め固める工事です。地盤の砂の密度を上げることで液状化を防止します。一方で高価ですが効果が高いのが地盤改良材などで地盤を固化する方法です。この方法は耐震補強にもなります。さらに意外な液状化対策もあります。それは、原因となる地下水を抜いてしまうこと、つまり井戸を掘ることです。この方法は新設の建物だけでなく既設の建造物にも用いることができます。ただし、井戸水の引き揚げすぎは地盤沈下の恐れがあるので注意が必要です。ここまで出てきた液状化対策は地盤に対する対策でしたが、杭などを硬い地盤に打ち込む、建造物に対する対策もあります。

安全のために調査を行う

工事

新築の家を建てる時に行なっておいた方が良い調査が地盤調査です。地盤調査ではその土地の地盤の状態を調べることができます。この調査の結果によって工事が必要になったり、基礎の構造が変わることになりますが、大切な家やそこで暮らす方を守るためには大切なことです。

地面の強さを測る試験

作業員

所有している土地に何かを建築する場合には安全のために必要な強度がありますので、平板載荷試験を行うようにしましょう。平板載荷試験は地面に直接強い荷重をかけるため、建築に耐えられる強度を持った地面なのかハッキリと分かります。

火災に備える点検制度

ヘルメット

防火対象物点検は、劇場や病院、デパートなど、一定以上の規模を持つ施設について、消防関連の法令の順守状況等を1年に1回点検する制度です。避難訓練の実施状況や避難経路の整備状況などをチェックし、防火対策がきちんと講じられているかどうかを確認します。